フォントサイズ:

スロバキアのモホフチェ3、4号でスコダが原子炉系受注

2009年6月30日

 チェコの重電機器製造会社であるスコダ社は15日、スロバキアのモホフチェ原子力発電所3、4号機を完成させるプロジェクトで、原子力系統設備(NI)機器を供給する契約を100億チェコ・コルナ(約512億円相当)でスロバキア電力公社(SE)と締結したと発表した(写真は同1、2号機)。

 両機の建設工事は10年以上にわたり中断していたが、イタリア電力公社(ENEL)は2005年、両機の完成を条件にSE社を買収。昨年11月には作業の再開を宣言していた。両機が44万kW級ロシア型軽水炉(VVER)として着工したことから、SE社は両機の主要機器について、ロシアの大手重工会社であるOMZ社傘下のスコダ社と約2年にわたって交渉し、同社を主契約企業五社の一つに選択したとしている。

スロバキアのモホフチェ3、4号でスコダが原子炉系受注