フォントサイズ:

政府の融資保証提案を受入れ 米サザン社

2010年6月29日

米ジョージア州でボーグル原子力発電所3、4号機の建設を計画しているサザン社は18日、米エネルギー省(DOE)から提案されていた融資保証の詳細事項を検討した結果、同社の割当て分約34億ドルを子会社のジョージア・パワー社を通じて受入れることに決定した。同計画の建設・運転一括認可(COL)が米原子力規制委員会から下り次第、最終承認・発給される。


ボーグル3、4号機の完成予想図

政府の融資保証提案を受入れ 米サザン社