フォントサイズ:

フィンランドの安全審査結果 緊急の改善は不要と結論

2011年5月30日

フィンランドの放射線・原子力安全庁(STUK)は16日、福島事故後に実施した国内原子力発電所の安全審査の結果、「緊急に改善を要するような新たな危険要因や不備は認められなかった」ことを明らかにした。


雇用経済省(TEM)の3月15日付けの要請により、洪水その他の重大な自然現象に対して既存炉の機能がどの程度対処可能か、また、さまざまな故障や不具合が生じた際の電源確保体制について調査していたもの。TEMのペッカリネン大臣は「STUKによって我が国の原子力発電所の安全性が高いレベルにあることが確認された」とする一方、産業界は発生リスクの極めて低い事故についても、最小限に抑えるための開発を継続すべきだと強調している。


STUKによると、福島事故の原因となったような極端な自然事象はフィンランドでは起こりえないものの、考慮しなければならない要因が同事故によって明らかになった。緊急の改善が不要である一方で、ある例外的な自然条件によっては事業者が継続的に調査しなければならないとした。また、それらの実施計画については、EU閣僚理事会が年内の実施を要請している域内原子炉143基のストレス試験と日程等を調整して固める必要があるとしている。