フォントサイズ:

バングラデシュの原子力導入計画 ロシアと建設協定調印

2011年11月10日

バングラデシュは2日、同国初の原子力発電所建設に関するロシアとの二国間協力協定を首都ダッカで締結した。1960年代からの同国の悲願がロシアの融資提供により、ようやく具体化し始めたもので、2017年〜18年にもダッカの北西200キロメートル、ガンジス川沿岸のルプールで、第3世代の100万kW級ロシア型PWR(VVER)2基の完成を目指す。


協定への調印はバングラデシュのS.ハシナ首相の同席の下、科学情報通信技術省のY.オスマン大臣とロスアトム社のS.キリエンコ総裁が行った。主契約者はロスアトム社傘下のアトムストロイエクスポルト(ASE)社になる予定だ。


ロシアはすでに09年、同国に原子炉建設協力を提案しており、両国政府は原子力平和利用協力協定締結に向けた覚書に調印、10年5月の同協定締結を経て、今年2月には具体的な原子力発電所建設協力について事前合意に達していた。


両国の調印式(=写真中央はバングラデシュのS.ハシナ首相)

バングラデシュの原子力導入計画 ロシアと建設協定調印