フォントサイズ:

3メーカーが入札提案 チェコのテメリン3、4計画

2012年7月5日

テメリン原子力発電所3、4号機の完成計画を進めているチェコ電力(CEZ)は2日、これまでの審査で有資格と認めた原子炉メーカー3社から入札提案書を受領したと発表した。2013年後半にも業者を選定し、契約書に調印する方針だ。

建設作業が一時期中断していた同計画では、09年8月にCEZ社が改めて公開入札の手続きを開始。10年春までに第1段階の適性条件をクリアした(1)ウェスチングハウス(WH)社の企業連合(2)仏アレバ社(3)ロシアのアトムストロイエクスポルト(ASE)社とギドロプレス社およびチェコ・スコダ社の企業連合に対し、昨年11月に詳細な入札招請書を手渡していた。

<後略>

ロシア・チームが搬入した8万頁の提案書(=写真左)

アレバ社のウルセルCEO(=同中)

WH社の提案書ボックス(=同右)

3メーカーが入札提案 チェコのテメリン3、4計画