フォントサイズ:

政府が閉鎖予定を取消し スペインのガローニャ原発 2019年まで運転の可能性

2012年7月13日

スペインの産業エネルギー観光省は3日付けの官報で、サンタマリア・デ・ガローニャ原発(=写真)(BWR、46.6万kW)の運転寿命を2013年7月までとする2009年の省令を一部取り消すと発表した。


TMIおよびチェルノブイリの両事故により、同国では明確な脱原子力政策によって原子炉の新設を禁止している一方、再生可能エネルギー等による代替策が大きな効果を生まないなか、既存炉の運転期間延長は重要な政治的合意事項。「19年まで運転継続が可能」とする原子力安全委員会(CSN)勧告を全面的に採り入れた措置で、事業者のニュクレノール社は今後、2019年まで運開以降通算48年間の運転認可取得に向け、「決意と熱意とプロ意識を持って」申請準備を進めていくとの抱負を明らかにしている。


<後略>

政府が閉鎖予定を取消し スペインのガローニャ原発 2019年まで運転の可能性