フォントサイズ:

マクファーレン新委員長就任 米規制委

2012年7月13日

米原子力規制委員会(NRC)は9日、5月21日に辞意を表明していたG.ヤツコ委員長の後任として、ジョージ・メーソン大・環境科学政策学部のA.マクファーレン准教授(48)が第15代NRC委員長として宣誓就任したと発表した。


B.オバマ大統領の指名後、6月29日付けで議会上院が同氏を承認したのを受けたもの。ヤツコ委員長の残りの任期を引き継ぎ、さし当たり2013年6月末まで委員長職を務める。歴代の女性委員長としては3人目。地質学者としてユッカマウンテンでの高レベル廃棄物処分計画には批判的な見解を持つ。


<後略>


新生NRCの委員達(=右からW.オステンドルフ、G.アポストラキス、

A.マクファーレン委員長、K.スビニッキ、W.マグウッド)

マクファーレン新委員長就任 米規制委