フォントサイズ:

GE日立のウラン濃縮会社、商業規模のレーザー濃縮工場で建設・操業認可を申請

2009年7月14日

 米国のグローバル・レーザー・エンリッチメント(GLE)社は6月30日、世界で初の商業規模のレーザー法ウラン濃縮工場について、建設・操業の認可申請書を1月に部分的に米原子力規制委員会(NRC)に提出したのに続き、残りのすべての部分を提出した。

 GLE社はGE日立ニュークリア・エナジー(GEH)社の子会社で、昨年6月には世界でも大手のウラン生産業者であるカナダのカメコ社が24%資本参加。2006年に豪州のサイレックス・システムズ社から取得した濃縮技術(六フッ化ウランを励起するレーザー分子法)の商用化、および運用の独占実施権により、米ノースカロライナ州ウィルミントンにU235を8%まで濃縮可能な、処理能力3500トン?6000トンSWUの商用濃縮施設の建設を計画している。

 GLEは現在、ウィルミントンのGEH本社で、サイレックス濃縮技術の商用化実証テストループの開発段階にあり、同技術の商業規模での実行可能性を確認するとともに、機器や設備、プロセスの設計を進める計画。同ループからの情報により、商業規模施設の建設について最終的な評価・判断を下す予定。