フォントサイズ:

WH社が米制御メーカー買収 NRC認証の計装技術に注目

2009年8月12日

 東芝のグループ企業であるウェスチングハウス(WH)社は7月31日、米国の原子力発電所向け制御装置供給メーカーであるCSイノベーションズ(CSI)社 の株主と、同社の買収に関する契約を締結したことを発表した。
 CSI社が開発したFPGA(Field Programmable Gate Array)を用いた制御システム技術は、原子力プラントの安全系デジタル制御システムに適用できる技術として、米国原子力規制委員会(NRC)の認証を今年3月に取得している。
 FPGAは、機能や論理ゲート間の接続などを、プログラムできる集積回路で、原子力発電所の安全上重要な計装システムに使用されるため、NRCの審査を受け、認証を得たもの。この集積回路を採用することで、部品調達が容易になるほか、メンテナンスもしやすくなるという。
 WH社は、CSI社のこの技術を、既設原子力発電所の安全系制御システムのリプレースに適用していく方針。