フォントサイズ:

インド 韓国との原子力協力で覚書調印

2009年9月10日

 インド原子力発電公社(NPCIL)は8月27日、韓国電力公社(KEPCO)と原子力発電分野における二国間協力のための了解覚書(MOU)に調印したと発表した。
 同覚書がカバーしているのは、原子力発電に関する技術的なデータや知見の交換、相互訪問や共同事業の実施など。具体的には、原子炉の開発や操業・メンテナンス、原子燃料、主要機器と設備の製造と供給、および韓国が開発した140万kW級の次世代型軽水炉「APR1400」について、インドで認可を受け、建設するための共同研究も含まれる。


 


(APR1400の概念図 (ⓒKHNP))

インド 韓国との原子力協力で覚書調印