フォントサイズ:

エジプト 安全支援業務で国際入札 「6か国の企業が応札」

2009年9月10日

 エジプトのH・ユニス電力エネルギー大臣は8月26日、同国の原子力安全計画におけるモニタリング作業について技術支援・コンサルティング業務の入札を行ったところ、国外の6企業から提案があったと発表した。
 6社の中には米国、英国、ドイツ、カナダの企業が含まれるとしているが、関連報道ではこれらの他に仏国、韓国の企業が加わっていると伝えている。支援を受けるモニタリング作業としては、世界の原子力安全基準に準じたプログラム策定のためのコードや規則の設定が含まれており、ユニス大臣はコンサルティングを通じて、これらの作業に精通した人材の育成を目指したいとの抱負を明らかにした。