フォントサイズ:

仏アレバ社の09年上半期決算 フィンランドEPR建設 営業利益に影響

2009年9月18日

 仏アレバ社は8月31日、2009年上半期(6月30日まで)の決算報告書を公表し、受注残高、売上高ともに前年同期を上回る一方、フィンランドのオルキルオト3号機(OL3)建設計画の遅延が影響し、営業利益は約5億ユーロ減の1600万ユーロにとどまったことを明らかにした。
 報告書によると、上半期末の受注残高は488億7600万ユーロで、前年同期比28%増。燃料サイクル事業のフロントエンド部門で42%、バックエンド部門で31%増加したのが受注残高を押し上げたと説明している。売上高は65億2200万ユーロで、前年同期比約6%増だった。この期間の実績としてアレバ社は、インドとの覚書締結により、2?6基の欧州加圧水型炉(EPR)や燃料サイクル・サービスを同国に提案したこと、米国のデューク社にはEPRを一基、英国に対しては仏電力との協力でEPR四基の供給で交渉を展開したとしている。