フォントサイズ:

米規制委 ナインマイル3の審査を延期

2009年9月18日

 米原子力規制委員会(NRC)は1日、ニューヨーク州でナインマイルポイント原子力発電所3号機(NMP3)の増設を計画しているユニスター社からの書簡をウェブサイト上に公開し、同機の建設・運転一括認可(COL)の審査開始を1年、先送りする計画であることを明らかにした。
 ユニスター社は2008年9月、160万kW級US・EPR(米国向け欧州加圧水型炉)の建設を想定したNMP3のCOLを申請し、NRCは同年12月にこれを受理。今年9月からの審査開始が予定されていた。しかし、ユニスター社はNRCの文書管理課に宛てた8月17日付け書簡の中で、NRCスタッフとも協議した結果、審査の開始日程を10年9月に変更する旨を申し入れており、理由として「審査に係る日程と財源の投入順序を最適化した結果」だと明記している。