フォントサイズ:

USEC エクセロンから濃縮契約を受注

2009年9月24日

 米国濃縮会社(USEC)は10日、米国最大の原子力発電会社であるエクセロン社が、USECの建設している米国遠心分離プラント(ACP)(年間生産能力3800トンSWU)からのウラン濃縮サービスを購入する契約を結んだことを明らかにした。
 USECの発表によると契約額は約12億ドルで、全米で17の原子炉を所有・運転するエクセロン社に対して2012年から濃縮ウランの供給を開始する。これにより、USECがACPからのウランについて顧客から受けた契約総額は34億ドルを超えた。