フォントサイズ:

P5+独とイランの協議 濃縮工場の査察で合意

2009年10月15日

 米ホワイトハウスは1日、ジュネーブで開催された国連安保理常任理事国(P5)およびドイツの六か国とイランとの協議について概要を公表し、存在が明らかになったイランの第二ウラン濃縮工場を国際原子力機関(IAEA)が査察することで合意に達したこと、この件でM・エルバラダイ事務局長がイランに赴いて詳細を詰めることになったことを明らかにした。


 


 


(写真は記者会見に臨むイランのサレヒAEOI長官(=右)とエルバラダイIAEA事務局長(ⓒAEOI))

P5+独とイランの協議 濃縮工場の査察で合意