フォントサイズ:

核燃料ネットワークが総会 設立10年で参加企業20社に

2009年11月17日

世界核燃料安全ネットワーク(INSAF)は2日?4日までの3日間、アルゼンチンのブエノスアイレスで第9回総会(=写真)を開催した。
 INSAFは99年のJCO社による臨界事故を契機に、2000年に東京で設立された世界の核燃料事業者の安全ネットワーク。核燃料施設における良好事例や安全文化の共有およびその育成を目的に、安全情報や自由な意見の交換場をインターネットを介して会員に提供している。


 来年4月に設立10周年を控え、今回の総会からカナダのGE日立ニュークリア・エナジー社が新たに参加。設立当初8社だった参加企業数が、現在では世界16か国から20の燃料サイクル事業者・機関が参加するに至っている。

核燃料ネットワークが総会 設立10年で参加企業20社に