フォントサイズ:

オランダNRG、ペッテン炉の後継として RI生産炉の建設準備開始

2009年12月1日

 オランダの医療用放射性同位体(RI)製造業者である「原子力研究コンサルタント・グループ(NRG)」は19日、ペッテンにある高中性子束炉(HFR)の後継炉として検討していたパラス炉を建設するため、環境影響声明(EIA)報告書の開始前通知を住宅・国土計画・環境省(VROM)に提出した。
 46年にわたり世界の医療用RI需要の3割を賄ってきたペッテン炉は昨年8月の故障後、今年2月に運転を再開したが、暫定的な運転認可の期限は来年3月に迫っている。需要の約4割を生産しているカナダのNRU炉は、後継のメイプル炉計画が中止になった上、5月の重水漏れ以降、修理作業が来年第1四半期までずれ込むなど、核医学検査に不可欠なテクネチウム製品の供給は依然として危うい状況。パラス炉が計画どおり2015年に完成するとしても、それまでの期間、日本のJMTR炉の利用も含め、穴埋め供給体制を緊急整備する必要性は変わらないと見られる。


 


(写真は、ペッテンにある高中性子束炉 HFR)

オランダNRG、ペッテン炉の後継として RI生産炉の建設準備開始