フォントサイズ:

カザフのウラン生産量 09年実績で世界第1位に

2010年1月27日

 カザフスタンはこのほど、2009年のウラン産量で世界の第1位になったと発表した。速報値でカナダと豪州両国の予定生産量を凌ぎ、08年実績を63%上回る約1万3900トンを生産したとしている。
 国有原子力企業カザトムプロム社によると、同社傘下の鉱山会社は昨年12月21日までに1万3500トンのウラン生産年間目標に達したと報告。これに加えて、少なくとも400トンが年末までに生産される。ウランの指標価格を公表している米UX社の予測によると、生産量で例年、世界の第1位と2位を占めるカナダと豪州で、09年のウラン生産量はそれぞれ約9934トンと約8022トン。このことからカザトムプロム社は、09年は同社が世界をリードするウラン生産国になったとしている。