フォントサイズ:

米ターキーポイント6、7号機 建設計画が中断

2010年1月27日

 米フロリダ州でターキーポイント6、7号機の建設を計画しているフロリダ・パワー&ライト(FPL)社は14日、建設費用を賄うために申請していた小売電気料金の値上げ収入額が同州の公益事業委員会(PSC)により減額されたことから、認可の取得手続き以降は両機の建設計画を中断すると発表した。
 送配電インフラ整備計画なども含めて全4件、5年間で100億ドル相当の投資計画の中断を宣言したものだが、すべての計画に関する今後の判断は、第2四半期末までに結論を出すとしている。
 フロリダPSCは08年4月、両機の建設が州民の利便性と必要性にかなっているとして同建設計画を最終承認。昨年3月にFPL社が申請していた小売電気料金・基準額の値上げ収入10億ドルについて、公聴会や技術的な審問会を開催して妥当性を審査してきた。