フォントサイズ:

ベルギーに保守改修センター WH社

2010年2月9日

 ウェスチングハウス(WH)社は1月21日、仏国など欧州の原子力事業者それぞれの要望に合わせたサービスを提供するため、ベルギーのニベルに「欧州ポンプ&モーター保守・改修センター」を開所した。
 ブリュッセルの南30キロメートルに位置するニベルは、欧州のほぼ中央部という有利な立地点。2000平方メートルを超える製造スペースに、WH社は複数の原子炉冷却ポンプとモーターの改修作業を同時に行える特別設計の最先端施設を投資総額600万ユーロで新たに設置した。同センターはトラックの乗り入れが容易なほか、63トンの大型クレーンや垂直・水平両方向の大型旋盤、大型ポンプとモーター機器を扱える動的平衡設備などが整備されている。
 年間修理能力は大型モーター20基、ポンプ10台以上で、欧州全域の顧客に革新的なサービスを提供できるハイテク施設であるとWH社は強調。作業の手始めは、フランス電力(EDF)から請け負った仏国内のPWRの一次系モーターおよびポンプの保守作業であることを明らかにした。