フォントサイズ:

ボーグル計画に83億ドル 米政府、原子力に初めて融資保証適用

2010年2月24日

 米国のB.オバマ大統領は16日、サザン社がジョージア州で進めているアルビン・W・ボーグル原子力発電所3、4号機建設計画に対して、83億3000万ドルの政府融資保証を約束した。米エネルギー省(DOE)が2005年エネルギー政策法に基づいて原子炉新設に対する融資保証枠185億ドルを設定して以来、実際の適用が決まった最初のプロジェクトとなった。米国では昨年末までに28基の新設計画で建設・運転一括認可(COL)が申請される一方、財務コストの調達がネックとなって中断を余儀なくされる計画も出始めていた。ボーグル計画への融資保証適用により、米国で約30年ぶりの原子炉建設がようやく現実のものとなる。


 


(今回の発表は、大統領がメリーランド州の国際電気労働者組合(IBEW)を訪問した際行われた)

ボーグル計画に83億ドル 米政府、原子力に初めて融資保証適用