フォントサイズ:

スペイン ホセ・カブレラ炉の廃止措置開始

2010年2月24日

 スペインの放射性廃棄物管理公社(ENRESA)は11日、2015年末までの6年計画でホセ・カブレラ原子力発電所(PWR、16万kW)の廃止措置作業を開始すると発表した。
 1968年にグアダラハラ地方で運開した同機は、最寄りの村名であるソリタ発電所とも呼称され、06年に省令により閉鎖されるまで、同地方の電力需要の75%を供給。これまで実施していた準備作業から廃止措置段階への移行に伴い、同機の所有権は運転会社のフェノーサ社からENRESAに移された。