フォントサイズ:

カザフの原子力関係者が来日 原子力分野で協力拡大へ

2010年3月2日

 

 ロシアおよび旧ソ連諸国との交流促進団体である(社)ロシアNIS貿易会の招きにより、カザフスタンの原子力関係代表団が1月30日?2月5日まで来日した。


 この招聘は日本の経済産業省が平成20年度から開始した原子力関連産業人材育成事業の一環で行われたもの。同事業では、世界有数のウラン埋蔵地域である中央アジア各国との関係を発展させ、信頼を醸成し、わが国のエネルギーの安定供給を確実なものにすることを主な目的としている。


 


カザフのタケレコフ部長

カザフの原子力関係者が来日 原子力分野で協力拡大へ