フォントサイズ:

米国の核安全保障サミットで声明 プル等の管理で特別措置

2010年4月23日

 米国のオバマ大統領が提唱し、核兵器や核物質を使ったテロを防止するため、ワシントンで12日、13日、核安全保障(セキュリティ)サミットが開かれ、世界47か国の代表が参加し、最終日に「ワシントン核セキュリティ・サミット声明」を発表した。