フォントサイズ:

英国 新政権も原子力新設計画続行

2010年5月20日

英国で6日に行われた総選挙では、いずれの政党も過半数の票を得られず、第一党となった保守党と第三党の自由民主党による連立政権が12日に誕生した。


同日公表された両党の連立合意によると、自由民主党は原子力反対の立場は保持するものの、新たな原子力発電所の建設を可能にする国家計画声明(NPS)の国会承認手続きは容認すると明記。労働党前政権が進めていた建設計画に大きな変更はないと見られている。