フォントサイズ:

イラン 濃縮ウランの交換を受け入れ

2010年5月20日

イランは17日、親交の厚いトルコおよびブラジルとの3国サミット開催後に共同声明を発表し、国内の低濃縮ウラン(LEU)を研究炉用燃料と交換するとの意向を明らかにした。米国のオバマ政権がイランへの新たな制裁決議採択に向けてロシアとの協調戦略を強化していることから、追加制裁を回避する狙いがあると見られている。


テヘランで開催した3国サミットで、イランのM.アフマディネジャド大統領は1200キログラムのLEUをトルコに預け、その代りにテヘランにある研究炉用に濃縮度約20%のウラン燃料約120キログラムを受け取る案に同意した。国際原子力機関(IAEA)には1週間以内に正式に通達する考えで、文書による合意が得られれば1か月以内にLEUをトルコに移送。1年以内に研究炉用燃料の供給を受けたいとしている。


共同声明を出したトルコ、イラン、ブラジル3国の首脳達(©トルコ首相府)

イラン 濃縮ウランの交換を受け入れ