フォントサイズ:

ドイツで噴出する参院無用論 原発運転延長問題で 木口壮一郎(ジャーナリスト)

2010年5月28日

原子力発電所の運転期間を延長するのに、連邦参議院の同意は必要か??こんな憲法解釈論争がドイツで起きている。


ことの発端は、5月9日のノルトライン・ヴェストファーレン(NRW)州議会選挙。ここでキリスト教民主同盟と自由民主党の国政与党側が、社会民主党と緑の党の野党連合勢力に敗北し、連邦参議院で過半数割れに追い込まれた。


ドイツ議会は二院制で、連邦議会と連邦参議院から構成される。参院は州の代表者会議であり、わが国の全国知事会の権限を大幅に強くしたような存在である。州の所掌事項に係わる事案だけを審議し、必要なら同意を与える。


ドイツに16ある各州には、参議院議員の人数が各々割り当てられている。たとえばNRW州は、6議席を持っている。これまで国政与党側がこの6議席を専有していた。だが同州選挙の結果、これが野党側にひっくり返り、メルケル政権は参院で過半数に及ばなくなった。


ここで突如、国政与党側から噴き出したのが参院無用論である。原子力発電所の運転延長に参院の同意が不要なら、たしかに連邦議会の与党多数だけで原子力法を改正し、運転延長を可能にできるだろう。その賛否をめぐって、国政与党内が真っ二つに割れている。


2003年に閉鎖されたシュターデ原発

ドイツで噴出する参院無用論 原発運転延長問題で 木口壮一郎(ジャーナリスト)