フォントサイズ:

加原子力公社 NRU炉の運転再開は7月末頃

2010年5月28日

カナダ原子力公社(AECL)は19日、医療用放射性同位体(RI)生産炉であるNRU炉の修理状況について、溶接作業の約8割が完了したことを明らかにした。


同炉は昨年5月の重水漏れ以降、修理作業中となっており、昨年12月から溶接作業を中心とする最終修理段階に入った。現時点で溶接の必要な十か所のうち九か所までの作業を完了しており、溶接とそれにともなう非破壊検査の77%を終えたとしている。