フォントサイズ:

NPT検討会議 今後の行動計画で最終文書採択

2010年6月17日

5月3日からニューヨークの国連本部で開かれていた核不拡散条約(NPT)運用検討会議は同月28日、2000年の検討会議以来10年ぶりとなる最終文書を全会一致で採択して閉幕した。


今回の再検討会議ではNPTの3本柱である核軍縮、核不拡散、原子力の平和利用のそれぞれについて、(1)条約の運用レビュー(2)将来に向けた具体的な行動計画――について最終文書の採択を目指した。(1)については合意に至らず議長責任で作成。一方、行動計画については、参加国が合意に向けて歩み寄った結果、北朝鮮に対して義務の履行を強く要請する、核兵器国が2014年に核兵器削減措置の進展状況を報告する−−などが盛り込まれた。