フォントサイズ:

(カナダ)高レベル廃棄物処分サイト選定に着手

2010年6月17日

カナダの核廃棄物管理機構(NWMO)はこのほど、2007年連邦政府決定に従い、深地層に国内の使用済み燃料の永久貯蔵サイトの選定プロセスを開始した。サイト選定は“情報提供と地域の合意”が前提となる。


NWMOは、昨年からサイト選定プロセスの設計に公衆の意見を反映する目的で長期廃棄物管理についての対話を全国大で展開している。この意見反映型管理のポイントは、地域とNWMOの継続対話、プロジェクトのどの段階でも地域の意思で撤退できるというものである。


カナダのほとんどの地域は地質学的に地下貯蔵に適しているので、NWMOにとって最も大切なことは、事業が公正に進められ、地層処分をしても安全であるという信頼を得ることである。


貯蔵施設は地下約500メートルの岩盤層(概念図参照)が選ばれることになる。Candu炉から出た高レベルの使用済み燃料集合体は、4メートルの銅製キャニスターに収納され、ベントナイト(粘土)に包み、地下岩盤に掘られたトンネル内に貯蔵される。


すべてのトンネルは最終的に粘土で封印されることになるが、安全性の観点から使用済み燃料の取り出しの可能性を残しておく。その意味で処分というよりも埋設貯蔵である。


サイトの地層にもよるが、トンネルのネットワークは2.5km×1.5km(375ha)程度の面積に掘られる。地表施設としては100haの面積を占め、残りは地域住民との共同利用に供することができる。


立地地域住民の直接的メリットは、雇用、高収入、地域経済の活性化である。NWMOは「プロジェクトは地域経済を劇的に改善するとともに地域の持続的発展に寄与する」としている。新規雇用とビジネス活動は、人材への投資(教育やトレーニング)、インフラ整備、周辺も含めた資産価値の底上げにつながる。


高レベル廃棄物処分に関する同様の技術・プロセスの最新事例は、フィンランドとスウェーデンに見ることができる。両国とも住民の同意を得て、サイトが選定済みである。イギリスはカナダよりやや進んでおり、複数の地域が関心を示しているが、その結果についてはまだ発表されていない。以上の3国とも処分場サイトは、原子力施設の近くであり、ほとんどの住民が事業に理解を示し、誘致に積極的である。


(2010年6月4日付WNN)


(原産協会・国際部まとめ)

(カナダ)高レベル廃棄物処分サイト選定に着手