フォントサイズ:

ロシアでアトムエクスポが開催 新型炉で進む技術革新

2010年6月27日

【モスクワ8日・喜多智彦特派員】モスクワ中心部、クレムリン近くのマネージ中央展示会館で、ロシア最大の原子力展示会・原子力会議「アトムエクスポ2010」が7日、開幕した。「原子力発電――革新的発展の原動力」をテーマとする今年の同会議はロスアトムが主催、エネルギー省、WANO、ドゥーマ(議会下院)などが後援。8日にはキリエンコ・ロスアトム総裁も参加したプレナリー・セッションが開かれた。


同セッションでは、最初にS.ソビャニン・ロスアトム会長(副首相兼内閣府官房長官)が挨拶。ロシアが原子力発電において競争力と革新性を向上させるため、2020年までに40億ドルを投資する予定であり、海外に対しては「特別のパッケージ」を用意。トルコとは建設・所有・運転(BOO)契約を結んだほか、アンガルスクでは燃料供給保証を目的とした国際濃縮センターの設立を進めるなど、ロシアの原子力界が国際的な活動を進めていることを紹介した。


ロスアトムのキリエンコ総裁は、「『原子力ルネサンス』は、世界的な金融危機の影響を受けずに耐えた」と昨年以来の状況を総括。世界の原子力発電開発計画の大部分は新規導入国にあり、原子力技術供給国はこれらの需要に十分こたえられるよう、「十分にフレキシブルな対応が必要」だと述べた。


日本の次世代炉技術開発について説明する服部原産協会理事長

ロシアでアトムエクスポが開催 新型炉で進む技術革新