フォントサイズ:

WH社、世界需要拡大を見込み 大規模な機構改革

2010年6月27日

ウェスチングハウス(WH)社は10日、地球規模で急速に拡大・変化する原子力市場の需要に適切に対応していくため、世界3か所に経営拠点を設けるなど大幅な機構改革を行うと発表した。過去2年間に実施した綿密な分析調査に基づく判断で、世界の原子力産業界において、今後一層卓越した経営力と技術面でのリーダーシップを強力に発揮していきたいとしている。


新体制の始動は7月1日からで、欧州とアジア、および南北アメリカの3地域それぞれに、?顧客関連業務?事業開発?製品受け渡し――についての責任組織を設ける。欧州ではベルギーのブリュッセルを本拠地とし、現在、原子力発電所サービス部門の副社長であるA.ジャクソン氏が社長に就任。アジア地域については、2009年7月から社長兼CEOを務めてきたJ.アレン氏を社長とし、10月から東京を本拠地に活動を開始する。アメリカの拠点は米国ピッツバーグに置き、社長は近々、発表する予定になっている。