フォントサイズ:

掘削が処分深度に到達 フィンランドの処分調査施設建設

2010年7月6日

フィンランドで使用済み燃料・深地層処分の実施主体となっているポシバ社は6月17日、地下岩盤特性調査施設(ONKALO)の掘削工事で最終処分深度となる地下420メートルに達したと発表した。ONKALOでの研究情報は2012年に予定している使用済み燃料処分場の建設許可申請で必要となることから、プロジェクト推進において大きな節目を迎えることとなった。


同国では原子力発電所から出る使用済み燃料は再処理せず、高レベル放射性廃棄物(HLW)として深地層に直接処分する方針。電力2社の出資により設立されたポシバ社が最終処分の研究開発や処分場の建設・操業を実施することになっている。1999年に同社が選定したユーラヨキ地方のオルキルオトは、2000年に同国政府が最終処分場建設サイトとして原則決定、翌年には議会も承認した。同サイトの精密調査のために2004年に着工したONKALOは、最終的に処分施設の一部として利用されることになっている。


ONKALOは既存のオルキルオト原子力発電所の均衡で建設中。


掘削済みの坑道(=上)とレイアウト(=下)(©ポシバ社)

掘削が処分深度に到達 フィンランドの処分調査施設建設