フォントサイズ:

ホライズン社、英国の候補地で サイト固有調査実施へ

2010年8月17日

英国で新規原子炉の建設を計画しているホライズン・ニュークリア社は2日、ウェールズ地方北部のウィルファ建設候補地で準備調査を行うため、仏アレバ社、およびウェスチングハウス(WH)社が率いる企業連合(NPDUK社)の両方と契約を結んだ。


同建設計画で候補となっている欧州加圧水型炉(EPR)、あるいはAP1000を採用した場合の、サイト固有の発電所設計について調査するのが目的で、年末までの期間に実施する計画だ。ホライズン社はドイツのRWE社とE・ON社による合弁事業体だが、この作業と並行して原子炉設計に関する競争入札に関しても年末までに結果を出す考え。候補の原子炉設計それぞれについて準備調査を実施しておくことにより、2020年の完成を目指す同計画での認可手続きが円滑に進むと期待している。

ホライズン社、英国の候補地で サイト固有調査実施へ