フォントサイズ:

東電、東芝、国協銀行 U1社との協力関係見直し

2010年8月17日

東京電力、東芝、国際協力銀行(JBIC)の3社は9日、カナダ法人のウラニウム・ワン(U1)社との協力関係を見直し、長期のウラン精鉱引き取り権を確保する一方で、資本関係を解消する新たな契約を締結したと発表した。


新契約は、(1)U1社の年間生産高の最大20%と定義する現行のウラン精鉱引取権の契約内容を改定し、3社は2014年から25年の間、安定的に年間最大250万ポンドのウラン精鉱引取権を獲得する(2)3社が保有するU1社の転換社債を元本の101%の価格(2億7179万加ドル)でU1社が買い戻す――との内容となる。