フォントサイズ:

アルゼンチン 4基目建設で韓国と覚書

2010年9月24日

アルゼンチンは16日、同国の新たな原子力発電所建設計画の策定を含め、原子力分野における韓国との協力を開始するための了解覚書(MOU)をソウルで締結した。


調印したのはアルゼンチン計画投資サービス省のJ.デビド大臣と韓国知識経済部の崔煥(チェ・ギョンファン)長官。この覚書に基づき、アルゼンチン原子力委員会(CNEA)は今後、同国で4基目となる原子炉の建設について、仏、露、中、米に続いて韓国を供給候補国のリストに加え、韓国電力の建設経験や技術力、安全性、技術移転、および財政支援等に関する情報を比較検討する。また、すでに稼働中のエンバルセ原子力発電所(CANDU炉、64.8万kW)の運転寿命延長についても支援を得たい考えだ。


覚書に調印する両国大臣(© CNEA)

アルゼンチン 4基目建設で韓国と覚書