フォントサイズ:

田湾3、4で設計契約 中国にロシア製PWR増設 高速炉計画も含め、協力体制を強化

2010年10月8日

ロシアのロスアトム社は9月27日、中国の田湾原子力発電所で3、4号機を増設するため、傘下の原子力建設・輸出企業であるアトムストロイエクスポルト(ASE)社が中国の江蘇原子力発電会社(JNPC)と技術設計の実施契約を結んだと発表した。


今回の調印は、ロシアのD.メドベージェフ大統領による北京訪問に合わせて行われたもの。原子力のほかに石油パイプラインや天然ガス、再生可能エネルギー、石炭なといったエネルギー分野のみならず、様々な分野で戦略的なパートナーシップを強化するとの共同声明を公表している。


中国は今年7月に北京南部の高速実験炉(CEFR)で初臨界を達成しており、原子力分野のロシアとの協力では田湾プロジェクトのほかに、ロシアで建設中の80万kW級・高速実証炉(BN−800)を、中国国内でも2基建設するために事前準備を進めている。今後、同分野で両国は一層緊密な協力体制を築いていくと予想される。


中国の温家宝首相(=右)とメドベージェフ露大統領

田湾3、4で設計契約 中国にロシア製PWR増設 高速炉計画も含め、協力体制を強化