フォントサイズ:

中国 ベルギーの協力で MOX製造試験施設建設へ

2010年10月14日

ベルギー首相府は6日、中国におけるMOX燃料製造工場パイロット・プラントの建設、およびベルギーで開発中の研究炉を使った放射性廃棄物の変換研究で協力するため、両国が枠組み協定に調印したと発表した。


今年7月に高速実験炉(CEFR)が初臨界を達成した中国はロシアの高速実証炉を2基導入するための事前準備を進めるなど、高速炉開発を急ピッチで展開中。1960年代からMOX燃料の製造実績のあるベルギーから協力を得て、中国は2030年に目標設定しているという「商業用FBRの完成および核燃料サイクルの確立」に合わせてMOX燃料の製造技術を習得していく考えと見られている。


協定調印を見守る中国の温家宝首相(左)とベルギーのY.ルテルム首相

中国 ベルギーの協力で MOX製造試験施設建設へ