フォントサイズ:

OECD/NEA RI供給チェーンを考察 「経済構造改善が必要」

2010年10月22日

「最も広く使用されている医用アイソトープ(RI)供給チェーンの現在の経済構造は、新規の投資を促すためには適切とは言えない」――これが経済協力開発機構・原子力機関(OECD/NEA)が先月刊行した「医用アイソトープの供給――モリブデン99(Mo99)供給チェーンの経済的考察」の主要な結論だ。


ここ10年来、Mo99の製造を担う数少ない古い研究炉と精製施設の運転停止あるいは、その予想外の長期化によって、Mo99供給の信頼性が損なわれてきた。このため、NEA、およびRI供給の確保に関するNEAハイレベル・グループ(HLGMR)は今回初めて、原子炉から患者までのMo99/Tc99m供給チェーンの経済的構造と現状を独自に解析調査。持続可能な経済構造の創出に必要な選択肢を各国政府その他の重要な意思決定機関に提供することにより、Mo99供給コストに関する当事者間の理解を深め、結果として市場がより良く機能するよう貢献したいとしている。


モリブデン99 供給チェーン (出展: B. Ponsand, 2010)

OECD/NEA RI供給チェーンを考察 「経済構造改善が必要」