フォントサイズ:

中国 昌江と田湾で後続計画が進展

2010年12月3日

中国核工業集団公司(CNNC)は傘下の海南核電有限公司が11月21日付けで、海南島の昌江発電所2号機の起工式を行ったと発表した。


島に立地する原子力発電所としては初となる同発電所では今年4月に1号機が着工しており、ともに中国が自主技術で開発した出力60万kW級のCP600となる予定。両機の建設に要する経費は合計約2000億元で、2014年と15年に相次いで運開する計画だ。


CNNCはまた、11月25日、傘下の江蘇核電有限公司(JNPC)とロシアのアトムストロイエクスポルト(ASE)社が田湾原子力発電所3、4号機に100万kW級のロシア型PWR(VVER)を導入することで23日に契約を結んだと発表した。調印には中国の温家宝首相とロシアのV.プーチン首相が立ち会った。


昌江2号機のコンクリート打設(写真左)、田湾5〜8号機のEPC契約(写真右)

中国 昌江と田湾で後続計画が進展