フォントサイズ:

米国 デューク社とプログレス社、合併

2011年1月21日

米国で新規原子力発電所の建設を計画しているデューク・エナジー社とプログレス・エナジー社は10日、両社が260億ドルの株式交換による合併で合意し、新たに企業価値650億ドルの企業が誕生することになったと発表した。財政基盤の強化を図るとともに、事業推進能力の大幅増強を狙ったもの。


合併に伴う株取引条件は、プログレス社株1株に対してデューク社株2.6125株という率。合併後の社名は「デューク・エナジー社」となる予定で、原子力の発電設備容量は1000万kWを超え、エクセロン社と並んで米国でも最大規模になるほか、火力などを合わせた総設備容量は5700万kWに達する。サービス区域も、南北の両カロライナ州、フロリダ州など6州にわたり、顧客件数は710万件に膨らむ見込み。


プログレス社のシェアロン・ハリス原子力発電所

米国 デューク社とプログレス社、合併