フォントサイズ:

露の融資で完成にメド ウクライナのフメルニツキ3、4号機

2011年2月14日

ウクライナ国営原子力発電会社のエネルゴアトム社は1日、ロシア貯蓄銀行の融資により、20年前に建設作業が中断していたフメルニツキ原子力発電所3、4号機の完成に向けて工事再開の目処が付いたと発表した。


同発電所では1980年代から合計4基の原子炉建設が始まったが、86年のチェルノブイリ事故後、議会が決めた原子力新設計画凍結政策により90年に3、4号機の建設が中断。93年の同政策解除後、これらを完成させるに当たり、資金難のウクライナは2008年、資金援助を条件に国際入札を実施しており、ロシアのアトムストロイエクスポルト(ASE)社が落札した。昨年6月に、ウクライナの閣僚会議とロシア政府が同計画に関する二国間協力協定に調印し、今年の1月12日にはウクライナ議会が同協定を批准するに至っている。


キエフの南南東約90kmに位置するフメルニツキ原子力発電所サイト

露の融資で完成にメド ウクライナのフメルニツキ3、4号機