フォントサイズ:

パキスタン チャシュマ2号機が初臨界達成

2011年3月8日

パキスタンで建設中だったチャシュマ原子力発電所2号機(PWR、32.5万kW)が2月22日に初臨界に達した(=写真)。低出力から徐々にパワーを上げていき、定格出力達成を目指す。


同国ではカナダから導入した重水炉のカラチ原子力発電所(13.7万kW)が1972年から稼働中のほか、中国から輸入したチャシュマ1号機が2000年9月に営業運転を開始。1号機と同様、今回臨界に達した2号機も中国核工業集団公司(CNNC)が全面的に建設協力したもので、中国が秦山?原子力発電所の設計をベースに自主開発したCP300設計となっている。昨年4月に圧力試験を成功裏に終えた後、起動段階に入り、同年9月には構造健全性試験を行っていた。

パキスタン チャシュマ2号機が初臨界達成