フォントサイズ:

カザフスタン 原子力エキスポ2011開催へ

2011年3月10日

カザフスタン政府と同国の総合原子力企業であるカザトムプロム社は今月29日から31日まで、同国最大の原子力展示会と原子力会議である「カザトムエキスポ2011」を首都アスタナで開催する。


同国は2009年に1万4000トンの天然ウランを生産して、初めて世界第1位のウラン生産国となった。現在はその豊富なウラン資源を活用してウラン採掘から転換、濃縮、燃料集合体生産まで垂直統合した燃料サイクル施設コンビナートの開発を検討中。こうした実績や原子力産業開発における莫大なポテンシャルを背景に、世界の原子力産業界でも次第にプレゼンスを高めつつある。