フォントサイズ:

英・Fタイムズ紙 社説で「原子力推進」呼びかけ

2011年5月8日

英国のフィナンシャル・タイムズ紙は25日付けの社説で、「今こそ原子力を再生させる時だ」との見解を表明した。


同紙は数日前、9人のノーベル平和賞受賞者が原子力の段階的廃止を求める書簡を各国元首に送ったことに触れ、彼らの主張とは裏腹に「原子力のない世界は安定性が低くなる」と断言。世界の総発電電力量の14%を生み出す原子力はその他のエネルギー源で代替できず、強行すれば深刻な電力不足に見舞われると警告している。また、原子力による死傷者数が石炭や石油、天然ガスによる犠牲者数より桁違いに少ない点を強調した。