フォントサイズ:

中国 嶺澳2期工事 2号機が初併入

2011年5月16日

中国広東核電集団有限公司(CGNPC)が5年前から広東省で建設中だった嶺澳原子力発電所2期工事2号機(PWR、108万kW)が3日に国内送電網に接続された。


仏フラマトム社(現アレバ社)のPWR技術をベースに中国が改良したCPR1000設計で、昨年9月に営業運転入りした嶺澳?―1号機に次いで2番目に完成したCPR1000となる。6月15日の営業運転開始を目指して、調整運転を続ける予定だ。


嶺澳?−2号機の中央制御室

中国 嶺澳2期工事 2号機が初併入