フォントサイズ:

原子力の女性ネットワーク 年次大会で「福島宣言」採択

2011年7月1日

WiN(Women in Nuclear=原子力産業に従事する女性のネットワーク)の第19回グローバル年次大会が6月6日から10日までブルガリアで開催され、WiN・ジャパン(会長=小川順子・東京都市大学准教授)も出席した。

大会の冒頭には「フクシマ特別セッション」が設けられ、22か国約150名が聴講するなか、WiN・ジャパンは、福島第一原子力発電所事故の概要、技術的対策、放射線の環境影響と避難状況、得られた教訓等について発表を行った。

参加者からの、放射線による死者はいないというのは本当か、福島の住民はいつ戻ることができるのか、チェルノブイリの教訓が活かされていないのではないかなどの質問に回答し、より安全な原子力技術の確立と原子力発電を続けるためのコミュニケーションの再構築が課題であることを強調した。

参加者全員による記念撮影

原子力の女性ネットワーク 年次大会で「福島宣言」採択