フォントサイズ:

米規制委 ホープクリーク炉で認可延長

2011年8月1日

米原子力規制委員会(NRC)は20日、ニュージャージー州で稼働するホープクリーク原子力発電所(117万kW)の運転認可を20年延長し、2046年4月までとする裁定を下した。


同炉は格納容器に福島第一原子力発電所と同じマークI型を採用するGE社製BWRだが、NRCは事故直後の3月21日にも同型の格納容器を装備するバーモント・ヤンキー発電所(BWR、65.2万kW)に20年の運転認可延長を許可している。NRCではすでに1989年9月、同容器を米国内で使用する電気事業者に強化ベントの追加設置を含む事故対策の改善を勧告。各事業者が個々の設計を考慮した強化ベントを設置済みとの判断の下、同容器を使用する稼働中原子炉23基中21基に、運開以降60年間の操業を認可したことになる。


20年の運転認可延長が許された71基(*はMark?格納容器使用炉)

米規制委 ホープクリーク炉で認可延長