フォントサイズ:

インド 韓国と原子力協力協定を締結

2011年8月1日

インド政府は25日、韓国との原子力平和利用に関する二国間協力協定に調印した。原子力発電所の機器・設備を商業取引する枠組となるもので、2030年までに80基の原子炉輸出を戦略目標とする韓国が、2032年までに6300万kWの民生用原子炉建設計画を掲げるインドの原子力市場に参入することが可能になった。


2008年に原子力供給国グループがインドへの原子力資機材禁輸を解除して以来、インドはすでに、米国、カザフスタン、モンゴル、ナミビア、アルゼンチン、ロシア、仏国、英国、カナダと同様の原子力協力協定を締結済み。一方、日本との協定は、インドが核不拡散条約に加盟していない点などがネックとなって交渉が進展していない。

インド 韓国と原子力協力協定を締結