フォントサイズ:

中国 三門原発工事が順調に進展

2011年8月4日

世界で初のウェスチングハウス(WH)社AP1000となる中国・三門原子力発電所の建設工事が順調に進展している。


中核集団三門核電有限公司によると、1号機の建設サイトでは7月27日に原子炉格納容器上部に仮の屋根トラスが設置された。また、これに先立つ22日には下請け企業である韓国の斗山重工業が、圧力容器のシリンダー部分を船積みし、浙江省の建設サイトに向けて出荷したようだ。